スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルク15歳

8月3日でマルクは無事15歳を迎えた。
老いは確実に進んで来ている。
ただ、深刻な病気が現れているわけでもない。
これだけでも、ありがたく思う。

まだ、何とか歩ける。
階段や車の乗り降りは抱きかかえてやる。
あの食いしん坊が、食べない時もあり、体重は30Kgを切った。
病院の先生からは、いい年の取り方をしていると褒められている。
IMG_s1292.jpg

IMG_s1996.jpg

来月は、札幌のマルクの実家に行く予定。
マルクを喜ばせば、長生きしてくれそうな気がしている。
スポンサーサイト

ご無沙汰でした

不精が過ぎて、マルクがどうかしたのか?
と、心配して電話を頂く事もあり、暫く振りに腰を上げました。

マルクは年を取ってから、下痢をしたり調子が今一つと言う事が増えて来た。
最近少し調子が良いのが続いて、安堵しているところ。
家の近くだけの歩行では、精神的な満足が湧かない様なので、車に乗せて好みの所へ行くようにしてます。

今日は、運動公園まで。
ソフトボール球場横を歩き、歩き切れるかなと思い立ち、マルクの歩行に任せてみた。

しつこく草の臭いを嗅ぎながらも一周してしまった。
まだ、30分以上歩けるのかと再確認。
IMG_5553-1s.jpg
疲れてフラフラにもならず、玄関で足を拭かれた後足取り軽やかに家に入って行った。
散歩命のマルクは今も健在の様だ。

雪融け

雪融けが進み、マルクのお気に入りの散歩道も歩けるようになった。
[広告] VPS


最近、階段の上り下りは以前より強い支えを必要とするが、平地なら何とか自力で歩ける。
つまづきは時々あるが、リードで支えているので怪我には至っていない。

IMG_1265s.jpg

しばらくぶりの好きな散歩道を歩き満足。
IMG_1269s.jpg

ありがとう サラ

喫茶ピーターパンの看板犬サラが1月31日18時に永眠。
ショートメールでママさんから2月3日に悲報を受けた。
13歳と3ヶ月だった。
日曜日にマルクを連れて店に行って来た。
IMG_1099s.jpg 

サラはマルクが釧路に来て最初に友達になってくれた犬だった。
店の外で初対面の二人は、闘犬を思わせるようなプロレスの様な遊びでエネルギーをぶつけ合い意気投合。
直ぐに仲良しになった。
お客さんがいない時は、リードを外しても良いとマスターの許可が出て、店の中でたっぷり遊ばせてもらった。
徐々に年齢を重ねて、そんな遊びはしなくなり、穏やかに触れ合える友でい続けた。
IMG_0303s_20170207082803a54.jpg 

サラが居なくなった店は寂しいけど、マルクが歩けるうちは時々行ってみようと思う。
マルクと楽しい時間を過ごしてくれてありがとう、サラ。

今年もよろしくお願いします なのだ。

大変穏やかな元日を迎えた。
仕事は2軒のみで、のんびり一日を過ごせた。
夕方の散歩は、春採湖の上にある博物館へ。
きれいに除雪されているだろと思い、実際そうだった。
今朝はゆっくり寝ていたので、初日の出は見られなかった。
丁度日没の時間だったので、きれいな夕日がみられて得をした。
IMG_1198s.jpg 
マルクの歩いている動画を撮るのに、自分は後ずさりしながら撮影。
思ったよりマルクの歩きが早く。
まだまだ元気な事を再確認。
マルクにとって楽しい一年に と願う年初めなのだ。

急な寒さ

急に冬がやって来てが、体の準備が出来てない状態。
やけに寒さを感じるありさま。
年のせいか。
釧路はまだ本格的に雪が降ってないので、有難い。
マルクは暑さには弱いが、寒いのはさほど応えない様子。
IMG_0602s.jpg 
老犬の歩きになってはいるが、マルクなりに頑張って歩き楽しんでもいる。
10月23日に3か月振りに血液検査。
結果はすこぶる良い状態。
どの数値も適正範囲内。
この年にしては上出来だと思う。
体重は30Kgをキープしましょうと言われた。
これ以下になると、足の筋肉が減りすぎる可能性も生ずる。
これは是非とも防ぎたい。
14歳と3ヶ月、楽しく毎日が過ごせる様にあれこれ考える日々です。



2016年 札幌・ニセコの旅

久し振りの休暇を取り、9月2日から5日まで札幌・ニセコの旅に出かけた。
札幌までの道路は、所々寸断されているとの事で、高速道路を利用。
十勝清水辺りからのり面の土砂崩れがあった様で、ブルーシートで覆った所が点在。
道路脇に木が倒れているのが、かなりの数確認できた。

札幌には支障なく到着。
久し振りにノールと散歩。
IMG_0433s.jpg 
翌日は、マルクを厚別中央通りどうぶつ病院で久し振りの簡単な健康診断。
状態は良いと診断されて、安堵した。
マルクの様子を見ながらもう少し散歩時間を増やして、足の衰えを防ぐ様にしては
とアドバイスをもらった。
病気が回復して後も、負担を控える思いで短めの散歩になっている。
どれくらい歩けるか、マルクと相談。

病院を出て、ドッグカフェNAGASAKIへ。
マルクはよほど嬉しいらしく、黙々と歩き続けた。
ガーデンからカフェ内に入ってからも、また出たがりガーデンを歩き続けた。
まだまだじっくり歩けるのだと、再確認出来た。
マルクの兄のアモは15歳と4ヶ月。
長生きの先を行く希望である。
IMG_0445s.jpg 
この日の午後からニセコのペンション・プルーミンへ。
いつ来ても、人も犬もゆったり過ごせる宿である。
IMG_0479s.jpg 
IMG_0473s.jpg 
IMG_0491s.jpg 
久し振りに会うママさんも以前と同様元気そうで安心した。

この日泊まり合わせたのは、もう一組の犬連れの若い夫婦。
奥さんは、釧路出身。
ママさんも釧路出身で高校の大先輩になると判明。
連れてきたのは、フレンチ・ブルのミル子。
えらく美形のフレブルだ。
IMG_0489s.jpg 
この子はとても大人しい子。
他犬にいつも吠えられて、犬と距離を置きたがる様になったらしい。
マルクとノールを見て、このご夫婦は穏やかで驚いた様子だった。
ノールが近づくと逃げていたが、3m位の距離なら大丈夫だった。
それでも奇跡だと喜んでもらえた。
どんな犬達が泊まり合わせるか、心配だったそうだ。

夕食時に自分がワインを飲み始めると、買ってきたワイン飲みきれないので、
手伝って欲しいと言われ。
喜んで引き受ける。
犬談議で盛り上がり、遅くまでの酒盛りとなった。

翌朝は、雨でないのでホッとして車で移動の散歩。

一泊の滞在だが、充分楽しんで。
喜ぶマルクとノールを見て、満足。

札幌に帰り、ノール宅にもう一晩止めてもらい。
5日に高速でゆったり帰宅。
今回の旅行では、マルクは思いのほか元気に行動していた。
老犬なりにウキウキしていたのが分かる。
病気から回復しても、心配なので散歩も短めになっていたが、
楽しめる所へ行き少し長めの散歩も増やして行こうと思った。
老化を遅らせる妙薬になるような気もしている。







マルク14歳

今日でマルクは14歳を無事迎えた。
重大な病の心配もなく迎えられた事に、唯々感謝。
体の衰えは目立つようにはなったが、気力は充実している様だ。
散歩も楽しんでいる。


7月の湿度の高い日々から昨日から気温が上がり、老体にはかなり堪えている様子。
クールダウンも施しながら、何とか暑そうな8月を過ごさせようと思う。
9月には札幌・ニセコの旅を今年も用意してある。
まだまだ楽しみは続くのだ。
IMG_0414s.jpg 

喫茶ピーターパンへ

昨日はサマンサと喫茶ピーターパンに行って来た。
マルクより一つ年下の看板犬サラに会いに。
日頃のサラは、必要最小限の動きだとか。
マルクが行くと喜んでくれる。
IMG_0303s.jpg      若いサマンサは老犬2頭に少し遠慮している様子。
IMG_0312s.jpg マルクもサラも動きが緩慢になってきたが、無理しすぎない程度に楽しんで
長生き出来ればいいな。
 

釧路も桜が開花

釧路にも桜の開花宣言が出たので、別保公園に行って来た。
市内でも木によっては満開になっている木もある。
こちらはまだ3分咲き程度か。
マルクは別保公園には好印象があるらしく、少し興奮気味だった。
時にはワクワクも大事だろうと、思惑が当たった感じ。
IMG_1172s.jpg 

若い頃はボール投げをたっぷり楽しめた。
まだしっかり記憶があるらしい。
その頃は、ソフトクリームも都度貰えたし。
マルクの頭を刺激するのを心がける日々。

帰りは、入念にダニのチェックで、体中を触る。
前足に2匹発見して処理。
ブラッシングもして、大丈夫だと思うが。

プロフィール

sasuke1127

Author:sasuke1127
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。